視覚障害者を支援する仕事

更新

視覚障害者に関わり、支援する仕事には様々なものがあります。

視覚障害リハビリテーション機関

視覚障害に関する専門的な知識をもった職員がいます。
歩行訓練士と呼ばれる資格(民間)をもち、機能訓練、職業訓練を実施してます。
見えにくさへの相談対応をしており、心理士・ケースワーカーとして働く人もいます。

視覚特別支援学校(盲学校

視覚に障害のある児童・生徒の学ぶ学校です。学びやすい環境が整っています。
視覚以外の感覚を活用して学べるよう、教員の方々は様々な工夫をしています。
地域の学校で学ぶ視覚障害児の支援も行っています。

視覚障害者情報提供施設(点字図書館

点訳・音訳の資料製作担当者と 図書館業務としての貸出担当者で分担して仕事をしています。
図書館司書の資格を持った方が勤務していることもあります。
施設によっては、視覚障害リハビリテーションの知識をもった職員もおり、訓練や相談にも対応しています。

公共図書館

公共図書館の「障害者サービス」を担当する職員がいます。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーは、別名「移動介護従事者」といい、対象の障害者の「移動を介助する」人です。
養成研修の修了者が従事でき、主に視覚障害や全身性障害、知的・精神障害によって、1人で外出することが困難な方へ、必要なサポートをする人です。

支援技術開発者

視覚障害者に役立つ様々な道具や機器を開発している会社・個人がいます。

関連するページ