シンポジウム 「デジタル読書革命と学校図書館」ご案内

 明星大学から標記シンポジウムの案内が届きましたのでお知らせします。

 関心をお持ちの方はどうぞご参加ください。

 実施要項はこちらから PDF版  テキスト版

 案内チラシはこちらから

 詳しい案内はこちらからもご覧いただけます。

 なお、このシンポジウムは国際学校図書館協会(IASL)東京大会(2016年8月開催)のプレイベントとして開催されるものです。

 シンポジウムの概略は以下のとおりです


シンポジウム 「デジタル読書革命と学校図書館」

 日時 2016 年1月23 日(土曜日) 13時から17時

 会場 明星大学 26 号館2 階202 室 http://www.meisei-u.ac.jp/campus/hino.html

 主催 明星大学図書館情報学課程

 共催 2016IASL 東京大会運営委員会、「学校図書館年」を広める会

 後援 文部科学省(申請中)、公益社団法人全国学校図書館協議会、ほか

 参加費 無料(先着200 名)

 参加申込 明星大学ホームページのシンポジウム申込フォームに記入の上、送信。

        https://form.hino.meisei-u.ac.jp/2016iasl/

 【趣旨】

 米国では、昔からある街中の本屋がどんどん潰れているという。少し前は、書籍の大型チェーン店がその原因だったが、今は、電子書籍の普及のためと言われている。人々は、紙の本屋をyesterday book store と呼んでいる。

 最近、その電子書籍普及の中身が大きく変わってきた。2012 年、電子書籍をkindleやnook(ヌーク)のような電子書籍専用端末で読んでいた者の比率は50%であったが、最近は32%にその比率が落ち、変わりにスマホだけで読書をする者の比率が9%(2012)から14%(2015 上半期)、スマホと併用して読む者が24%(2012)から54%(2015 上半期)になったという。人々は、この変化を“デジタル読書革命”ととらえ、若者が本を読まなくなった傾向が、逆に、スマホによって読書が普及するのではないかと期待する向きさえあるという。

 今回のシンポジウムでは、各方面の第一人者をお招きし、今後、わが国においてデジタル読書が広まっていくのか、その場合、従来の紙の図書で完成された学校図書館サービスの在り方をそのまま踏襲していってよいのだろうかといった点について、荒唐無稽な未来予測ではない合理的予見として話し合っていただく。

 【講師】

 ・デジタル時代の学校図書館

    筑波大学教授 平久江 祐司 氏

 ・米国における新しい電子書籍の動向

    東京大学大学総合研究センター 時実 象一 氏

 ・デジタル読書は“読みの困難”の救世主となり得るか?

    専修大学教授 野口 武悟 氏

 ・紙の読書とデジタル読書:デジタル読書は読書か?

    琉球大学准教授 望月 道浩 氏

 ・大人の知らないスマホの世界:スマホは若者の読書離れを取り戻せるか?

    書評家・翻訳家・評論家・文芸編集家 大森 望 氏

 ・読書感想文の将来:デジタル読書時代の読書感想文

    毎日新聞社「教育と新聞」推進本部教育事業担当部長 須藤 晃 氏

 ・国語教育学会・読書学会における最近の研究発表の傾向とデジタル読書に関する論調

    新潟大学准教授 足立 幸子 氏

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン