「マラケシュ条約」研修会のご案内

 「マラケシュ条約」研修会の案内が届きましたのでお知らせします。

    

    「マラケシュ条約」研修会のご案内

    

 2013年6月、国連の専門機関である世界知的所有権機関(WIPO)は、モロッコのマラケシュで「視覚障害者等の発行された著作物へのアクセスを促進するためのマラケシュ条約」(仮称)を採択しました。このマラケシュ条約の批准に向け、文化庁では著作権法改正の審議が始まりつつあります。

 しかしマラケシュ条約の存在は障害者の間でもまだまだ知られておりません。また障害者の読書をめぐる環境はよくなってきている面もありますが、著作権法以外にもいくつかの課題が残されているのも事実です。そこで、まずはマラケシュ条約の採択の経緯や内容について下記の通り学習する場を設けることになりました。同時に読書に困難のある関係団体からマラケシュ条約批准時に期待する読書環境改善の方策についても意見を発表していただくことになりました。多くの方のご参加をお待ちしております。また関係の方々にもお知らせいただければ幸いです。

    

 日時:2014年11月11日(火)13:30〜16:30

 場所:東京都盲人福祉協会 2階研修室 

     〒169−0075 東京都新宿区高田馬場1−9−23

     電話 03−3208−9001

     東京メトロ副都心線「西早稲田」駅 出口2からおよそ徒歩6分

    (ことばの道案内)http://walkingnavi.com/text_map.php?grp=4&rno=643

 主催:日本盲人会連合 DPI日本会議 弱視者問題研究会


 プログラム:

13:00 受付開始

13:30 開会

   ・主催者あいさつ

   ・研修会開催の趣旨説明

13:50〜14:50 講演「マラケシュ条約採択の背景とその概要」

   (講師)

     文化庁長官官房国際課国際著作権専門官 中島芳人氏

     文化庁長官官房国際課専門官 保坂孝氏

14:50〜15:00 質疑応答

15:00〜15:10 休憩

15:10〜16:10 関係団体からの意見「マラケシュ条約批准に期待すること」

   (予定)日本盲人会連合、DPI日本会議、弱視者問題研究会、全国盲ろう者協会、

       ディスレクシア関係団体、上肢障害関係団体等

16:10〜16:20 質疑応答

16:30 閉会


 参加費:無料

 参加申し込み:11月4日(火)までにメールにて以下のアドレスまで、所属とお名前をお知らせ下さい。その際に点字資料、事前のテキストファイル送付、または西早稲田駅からの誘導をご希望の方はその旨もお書き添え下さい。

 送信先メールアドレス unokazuhiro@ybb.ne.jp(弱視者問題研究会 宇野和博)

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン