「『てびき』指導者ハンドブック 第3章」について

 全視情協では、『点訳のてびき 第3版 指導者ハンドブック 第3章 分かち書き編』(500円+税)を3月25日に発行しました。

 これは、「点訳のてびき第3版」を用いて講習会を行う指導者のための手引き書として点訳委員会が執筆・編集したもので、昨年11月1日に発行した同書「第2章 語の書き表し方編」に続くものです。

 自立語と付属語、複合語、固有名詞について、豊富な用例・点訳問題とそのポイント解説が載っています。また、随所に「コラム」を掲載しています。指導者はもちろん、自習用としても、実際の点訳にも活用できます。巻末には、正答を墨点字で収載しました。

 なお、「第2章」同様、掲載されている用例・問題(墨字、PDF)をホームページの「各種資料」に、また、同書の点字データをサピエ図書館にそれぞれアップロードしましたので、どうぞご活用ください。

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン