大活字文化普及協会設立記念シンポジウム

 下記のとおりシンポジウムが開催されます。本会も後援団体として協力しています。

 多くの方のご参加をお待ちしています。  


特定非営利活動法人 大活字文化普及協会 設立記念シンポジウム

「全ての人が読書・読み書きできる方法を考える」

  主催:大活字文化普及協会 

  後援:日本図書館協会

      全国視覚障害者情報提供施設協会

      出版文化産業振興財団

  協賛:みつわ印刷蝓↓螢織ぅ爛坤魁璽櫂譟璽轡腑鵝

      蠹豕堂、蟷鮎米化馘后富士リプロ(株)

 ■日時:2010 年12 月6 日(月)午前10 時〜午後4 時

 ■場所:日本教育会館

 ■参加費(資料代含む):1,000 円 

   ※参加費は当日、受付にて承ります

 ■参加方法(事前予約)

   メール masamitsu@daikatsuji.co.jp 

   電話 080-4071-9402

【プログラム】

10:00〜12:00 読書権保障協議会発足記念シンポジウム

         (大活字文化普及協会内 設置専門委員会)

 1.初代理事長挨拶:大橋信夫( 日本書店商業組合連合会 会長/ 当会理事) ※5 分

 2.来賓挨拶:国会議員/ 区議会議員他 ※10 分

 3.理事挨拶:笹川吉彦(日本盲人会連合 会長/ 当会理事) ※5 分

 4.設立記念講演:「公共図書館と点字図書館の連携による読み書きサービスの実現」

    初代会長:岩井和彦(日本ライトハウス 常務理事/ 当会専門委員会)※30 分

 5.パネルディスカッション:テーマ「読み書きサービスの実現」※60 分

  ◎司会:前田章夫(日本図書館協会 理事/当会専門委員) 

  ◎パネラー:山内薫、芳賀優子、村井晶人、甲賀金夫、岩井和彦

 

 《お昼休憩・正会員企業団体展示コーナー  ※60分》

 

13:00〜16:00 大活字文化普及協会設立記念シンポジウム 

 1.新理事長挨拶:相賀 昌宏(日本書籍出版協会 理事長/ 当会 理事長) ※10 分

 2.理事挨拶:田中徹二(日本点字図書館 理事長) ※5 分

 3.正会員代表挨拶:山口成志(タイムズコーポレーション社長) ※5 分

 4.基調報告「書店と図書館との連携〜店頭の体験から〜」:

    柴田 信(岩波ブックセンター社長) ※20 分

 5.理事挨拶:菊池明郎(筑摩書房 社長) ※5 分

 6.基調報告「オンディマンドブックスの発展〜 BBA1000 タイトル提供〜」:吉田唯義 ※15 分 

 7.設立記念講演「全ての連携から全ての人が読書・読み書きできる方法」:芳賀 優子 ※40 分

 8.パネルディスカッション:「全ての人が読書・読み書きできる方法を考える」 ※60 分

   ◎司会:芳賀 優子

   ◎パネラー:相賀昌宏、柴田信、菊池明郎、岩井和彦、山口成志、吉田唯義他


お申し込み・お問い合わせは、

   氏名・所属、住所、電話、e−mailを記載の上、

   FAX、電話、メールで下記まで。

       特定非営利活動法人 大活字文化普及協会

          電話 080-4071-9402(市橋宛)

          FAX 03-5282-4362

          e-mail masamitsu@daikatsuji.co.jp

案内チラシはこちらから。

 

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン