シンポジウム「千代田区の障害者サービスを考える」

対面朗読を始めることから千代田区の障害者サービスを考える

  〜対面朗読の発祥の地 日比谷図書館から〜

 

 1970年から、都立日比谷図書館において、日本で初めての 公共図書館における障害者サービスが開始された。その後、 1973年からは都立中央図書館にサービスが移管され、 千代田区における障害者サービスは現在に至るまで衰退の 一途をたどっている。来年の夏、都立から千代田区立となり、 改修工事を経て図書館を再開する予定になった。障害者 サービス発祥の地である日比谷図書館において、障害者 サービスを復興して、その復興モデルを全国に発信することに よって、公共図書館における障害者サービスの発展につなげたい。    

  日時:平成22年8月28日(土)、午前10時〜午後4時15分

  場所:日本教育会館

  主催者:大活字文化普及協会

  後援:千代田区社会福祉協議会  日本図書館協会

      日本盲人会連合  埼玉福祉会

      日本点字図書館  朗読グループ「さつき」

      全国視覚障害者情報提供施設協会  視覚障害者文化振興協会

  協賛:三省堂書店

  定員:100名(先着予約)

  参加費:1000円(資料代含む)

 

☆プログラム(予定)

◆午前の部(10時〜12時30分)

 「基調発表(予定)」 

 1.「日比谷図書館の障害者サービス開始と視読協アピールについて」※橋本宗明/20分

 2.「対面朗読が開いた様々なバリアフリーの扉とIT時代における展開※長谷川貞夫/20分

 3.「障害者サービスにおける視覚障害者職員の採用について」※田中章治/20分

 4.「公共図書館だからこそできるサービスの新たな展開」※高橋久美子/15分

 5. 「対面朗読から千代田区の障害者サービスへの展開」※佐藤聖一/20分

 6.「働く障害者として日比谷図書館の障害者サービスに期待すること」※芳賀優子/15分

 7.「日比谷図書館における障害者サービス復興について」※山内薫/20分

 ☆上記発表の間にて、視覚障害者以外の立場の方からの発表可能性有り

◆午後の部(14時〜16時15分)

 「新しい地域サービス:読み書きサービス実演」芳賀/加藤

 「パネルディスカッション」

 テーマ:「千代田区の図書館サービスを考える」 司会:山内 薫 ※120分

 パネリスト:橋本宗明、長谷川貞夫、高橋久美子、山内薫、

       前田章夫、佐藤聖一、田中章治、加藤俊和、鈴木孝幸 他

 

☆来賓(予定):国会議員、千代田区議員

 

【お問合せ・ご予約】

 下記をご記入の上、ファクシミリ 03-5282-4362

 もしくはメール masamitsu@daikatsuji.co.jp までお送りください。

   氏名、住所、e-mail、TEL、点字資料または要約筆記御希望の有無

 

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン